損をした状態で取引を終わらすということは損の確定を自分ですることになります

誰でも損をするのは嫌なはずです。多くの人が、ここからまだ上がるだろうという根拠のない結論を導き出し損の確定をするのを止めます。そして結果的にもっと損が大きく膨らんで結局早めに確定しておけば良かったとなるのです。未来は誰にも分からないので断定はできませんが、プロでも7割は負けている世界なので、それに倣うのが大事になってくるのです。そんな中で使われるのがこのロスカットです。これは、システムに判断してもらうのです。使用者がこの値段になったら決済するとあらかじめ設置しておきます。そしてその値段になったら自動的に取引を終えるのです。人間の欲が入る隙間はなく、機械的に行ってくれるので非常に大事な戦略なのです。強制ロスカットという言葉も聞いたことがあるかもしれません。これは意味合いは全然違います。こちらは、証拠金がこれ以上減ったら有無を言わずに取引を終わらせますよという設定です。FXは24時間取引ができます。寝ている間に暴落して大損をする可能性もあります。その際に投資家に借金を負わせないで済むように処置をしてくれているのです。24時間取引ができるというのもミソです。寝る前にロスカットを設定しておけば、大暴落の際にも被害は最小限で抑える事ができるので、この考えはとても重要です。

ラブホテルに行っただけで浮気になりますか?

健康食品飲料

薬剤師の資格を取りました♪